25
12月

デトックスというものは、身体の内側に澱のように溜まっているあらゆる毒を排除するというイメージしやすい健康法であくまで代替医療に類別される。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるようだ。
多くの人が「デトックス」の虜になってしまう理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らす環境の汚さだ。空気や土壌は化学物質で汚染され、穀類などの食物には化学肥料や農薬がたっぷりかけられていると周知されている。
メイクアップの利点:容姿が美しくなる。メイクもたしなみのひとつ。本当の年齢より年上に見てくれる(あくまで10代から20代前半に限る)。印象を好きなように変貌させられる。
ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪のお手入れを指す言葉。ヘルスケア、ビューティー、皮膚科医による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全などあらゆる場面で活躍しており、ネイルケアは確立された分野の一つと言えるだろう。
フェイスラインの弛みは要らなくなった老廃物や脂肪が集まることでどんどん悪化します。リンパの流動が停滞すると様々な老廃物が蓄積し、浮腫が出たり、余分な脂肪が溜まりやすくなり、たるみへと繋がります。
スカルプケアの主な役割は健康な髪の毛を保持することだといえます。毛髪に潤いがなくパサパサしてブローしにくくなったり抜け毛が目立ち始めるなど、大勢の方が髪のトラブルを秘めています。
最近見直されている頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも言われています。頭皮(スカルプ)は毛髪の悩みの種である「脱毛」「薄毛」に非常に深く繋がっていると同時に、顔の弛みなどにも影響を及ぼすのです。
化粧の短所:昼には化粧直しをしてキープしないといけない。洗顔して素顔に戻った時に感じる落胆。メイク用品の出費が案外かさむ。化粧してからでないとどこにも出かけられない一種の強迫観念にとらわれる。
湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.口腔内や肺、腸内や表皮等における細菌叢、2.遺伝的な問題、3.栄養面での要素、4.住環境、5.1~4以外の学説が主流となっている。
貴方は、果たしてご自分の内臓は何の問題もないと言えるだけの自信があるのでしょうか?“なかなか痩せない”“肌荒れが気になる”といった美容に関するトラブルにも、なんと内臓の状況が関わっています!
よく女性誌や美容本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットにも効くし、毒素の排出、免疫力の向上などなど、リンパの流れを促進すればあれもこれも思い通りにいく!という華やかな謳い文句が軒を連ねている。
ここ日本の美容外科の経歴では、美容外科が「しごく真っ当な医術」であるとの認識と地位を手に入れるまでには、案外時間が必要だった。
デトックスという手段は、様々な栄養補助食品の使用や岩盤浴などで、こういった類の体の中にある有毒な物質をできるだけ体外へ排出してしまおうとする考え方の事を言うのだ。
20~30代に発生する難治性の“大人ニキビ”の社会人が徐々に多くなっている。もう10年以上もこういった大人のニキビに四苦八苦している人達が皮膚科を訪問している。
体に歪みが生じると、臓器がお互いを圧迫し合うので、つられてその他の内臓も引っ張られてしまい、位置の異常、臓器の変形、血液や組織液の生産、ホルモン分泌等にもあまり良くない影響を与えるのです。

コメントは受け付けていません。