30
5月
>>女100キロからのダイエット!わたしはこれで12キロ痩せました。<<
脹脛(フクラハギ)のダイエット
私は82歳の療術師です。毎月2回、健康講演会を開いています。テーマは参加者の希望を聞いて決めています。20歳代から40歳代の女性の参加者が多いときは必ずダイエットの方法がリクエストされます。最近はデスクワークの人が多いせいか脹脛(フクラハギ)を引き締めて細くしたいという願望です。
それに答えて次の方法を紹介して喜ばれています。
●脹脛のダイエット
(1)脹脛を冷さないこと。
夏はもちろん、冬でも下半身、特に脹脛は冷えます。
(2)その理由は空調の関係で温まった空気は天井に滞留して、冷たい空気は床面に滞留するからです。
(3)脹脛の筋肉が冷えて硬くなり静脈が圧迫されると心臓への血液の還流がスムースに行われなくなります。
(4)夕方は、足が腫れて靴が履きにくくなる経験は誰でもあるので理解できると思います。
(5)ひどくなると静脈瘤ができて外科で手術をする人もあります。
●脹脛のケアの方法
(1)第一番にすることは、天然素材のハイソックスを履いてください。
(2)下半身の服装を春は冬のまま、夏は春のまま、秋は季節の先取りをして冬の装いにします。
(3)デスクワークの時、足は組まないでください。組むと正座をしたときのように血液循環を阻害して脹脛に瘀血(汚れて血液)が脹脛に滞留します。
(4)瘀血が滞留すると脹脛が益々「むくみ」ます。
●帰宅後自宅でして欲しいことを紹介します。
(1)半身浴か足湯してください。
シャワーだけの入浴はやめること。
(2)夕方、30分の散歩をしてください。散歩ができないときは左右の脹脛を少し痛い位に揉みほぐす。
脹脛は第二の心臓といわれています。脹脛だけではなく全身の血液循環が良くなり、一日の疲労回復につながります。
コメントは受け付けていません。